Flower preservation

花好きでない人にこそお見舞いにプリザーブドフラワー

お見舞いにお花をプレゼントされて喜ばない女性は少ないと思います。だからこそ、お見舞いなどにお花を贈ろうと考える人は多いのではないでしょうか。しかし、お花をもらうのは嬉しいものの、その後のお手入れが面倒で大変な思いをする人も多いと思います。私の母もその一人です。
以前、祖母のお見舞いに鉢植えのお花をプレゼントしました。喜んでくれたものの、枯らしてはいけないと感じていたようで、毎日毎日水をあげるなどお手入れに必死でした。枯らすわけにはいかないとプレッシャーを感じ、かなりのストレスを抱えてしまうほどでした。翌年の敬老の日には、頼むからお花はやめてほしいとまで言われてしまいました。
ただ、祖母も決してお花嫌いではないので、何か良いものはないかなと考えたところ、プリザーブドフラワーというものを知りました。プリザーブドフラワーとは、本物の花を特殊な液に漬け込み、乾燥させたもので、毎日の水やりも必要なく、しかもかなり長期間飾っておくことができます。これは大変喜ばれ、今でも家に飾ってくれています。
本当のお花好きな方には、本物のお花を贈る方が喜ばれるかもしれません。プリザーブドフラワーは、むしろさほどお花好きではない方、お花のお世話に慣れていない方にこそおすすめしたいプレゼントだと思います。

プリザーブドフラワーをお見舞い時に

最近ではお見舞いや結婚記念日などの贈り物やギフトして、生花の代わりにプリザーブドフラワーを渡される方が増えてきています。なぜ生花よりも人気になってきているのか、その特徴をご紹介します。
まずプリザーブドフラワーとは、生花の美しい姿を長期間保存することが出来るように、人体に無害な溶液を使用して加工された花のことです。手触りは生花に近い柔らかさがあり、一度脱色してから着色料を吸わせているので自然では出来ない色の花も作り出す事が出来ます。また水やりの必要がありません。このためどこにでも気にすることなく飾っていただけます。さらに花粉や香りがないため花粉アレルギーに弱い方、香りが苦手な方も心配いりません。プリザーブドフラワーは生花でも造花でもない花としてそのメリットが注目されています。
逆に注意して扱っていただくポイントもあります。プリザーブドフラワーは保存状態によって「持ち」がかなり変動するので、高温多湿な場所を避けてください。花の水分を拭き取っている状態なので乾燥には非常に弱く、吸い上げた着色料も染みだしてきてしまうので注意しなければなりません。また紫外線を受けると変色し、褐色の原因にもなるので明るい場所、強い光を避けてください。
このようにプリザーブドフラワーは長期間保存できるが、置く場所の環境を整えておく必要があります。

お見舞いの時はプリザーブドフラワーがおすすめ

お見舞いにプリザーブドフラワーをいただいたことがあります。私の好きな薔薇の花だったのですが、大小の花がピンク系のグラデーションでアレンジされていて、あまりの美しさにため息が出るほどでした。ガラスのドーム型の容器に入れられていて、そのまますぐに飾ることができ、とても嬉しかった思い出があります。退院直後は、バタバタしてなかなか落ち着かない生活だったので、友人の心遣いが嬉しかったです。そのプリザーブドフラワーは、今でも我が家のリビングに飾られています。
プリザーブドフラワーの魅力は、やはり綺麗に咲いた状態を長く楽しむことができることだと思います。色あせしないように直接光が当たらない場所に飾る、水気に弱いので湿度に気をつけるなど保存方法に気をつければ何年もその美しさを保ってくれます。また、生花にはない色を楽しむこともできます。デパートのプリザーブドフラワーコーナーで淡いグリーンや薄いブルーの薔薇の花を見て、とても驚きました。水替えなどの手間がかからないのも嬉しい贈り物です。
プリザーブドフラワーは、生花を使っているので、質感の柔らかさやみずみずしさが自然で造花とは違いますね。生花を使っているからこそ、デリケートなお花ですが、お見舞いなどの贈り物としては最適だと思います。


TOP

Copyright © 2016 お見舞いにプリザーブドフラワーを貰って喜ばない女性はいない All Rights Reserved.